Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード
<< おしゃべりサイエンス | main | 国立天文台ブース >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2018.05.07 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

裏千家インターナショナル

JUGEMテーマ:科学
〜お茶の世界には宇宙があります科学があります日記〜

本日のアゴラで、国際交流館のエントランスホールに「茶の湯コーナー」が出現!


「茶道には水・火・木・土があります。」
「抹茶は粉にした葉を全て飲むので栄養価が高く、薬のように一服と言います。」
「この水指は本当は植木鉢です」



着物姿のお姉さまが、お菓子やお茶を運んでいます。
笑顔がステキです。



裏千家なので泡ブクブクのお抹茶です。おいしくいただきました♪
(ちなみにさかパンは表千家のお免状を持っているのです。
 初釜ではこのお姉さまたちのようにお運びもしたことがあるよ。)

 

隣りお席の方のお茶碗は、南フランスプロヴァンスの器だそうです。いいな。

会場入り口でいただいた生物工学会誌の随筆「和菌洋才」には、
「菌塚」のお話が出ていました。菌塚 (08/12)
著者の加藤 暢夫さん(京都学園大学バイオ環境学部教授)は、
海外の微生物学者が京都を訪れた時には、
京都曼殊院の菌塚に連れて行くというエピソードでした。
「菌恩の尊さ」について述べられておりとても興味深いです。








スポンサーサイト


  • 2018.05.07 Monday
  • -
  • 20:25
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ジオターゲティング

ジオターゲティング
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」